一度に収めるのが難しい場合の対処法

テーブル相続税は、相続が開始された事実を知った日から10ヶ月以内に金銭で一括納付するのが原則です。しかし、被相続人の財産に不動産が含まれている場合、相続税を支払いたくても納付すべき金額が多額で支払えない可能性があります。相続税法では、一括納付できるだけの金銭を用意できない場合、条件を満たせば納付方法を変更することができる仕組みが設けられています。
変更できる納付方法は2種類あります。1つは「延納」と呼ばれる方法で、相続税を年割で支払えるようにする方法です。これが認められた場合、相続税の税額に納付にかける年数で割って算出される金額に、利子税の分を上乗せして毎年支払っていくことになります。ただし、相続税の税額が10万円以下の場合や、提供できる担保が無い場合はこの申請を行うことができません。
上記の方法が使えない場合は「物納」と呼ばれる方法で納付することができます。これは、金銭の代わりに保有する財産で相続税を納付する方法です。物納する財産の金銭評価額は、相続税評価額の算出方法を用いて決定されます。納められた財産は、国の管理下におかれた後に売却の手続きがとられます。通常、財産を売却した場合に生じる譲渡所得は大半が課税の対象となりますが、物納によって生じた譲渡所得に関しては非課税となります。